前へ
次へ

昔は白色で現代の喪服は黒が葬儀マナー

現代では葬儀マナーとして黒い喪服を着用するのが一般的ですが、実は昔は白色の喪服が世の中ではメインでした。お葬式に白い喪服というのは、現代社会では考えられないことですし、あくまでも歴史をさかのぼっての話ですから、現代の葬儀に白い服装で行くと葬儀マナー違反です。意外なことに喪服が黒いというのは、さほど歴史が長いわけではありません。お通夜や告別式など喪服を着用しますが、この文化は中国からの影響です。実際に日本初期などの書物には、その旨が残されています。白色といえば結婚式の花嫁の着用する、純白のウェディングドレスがイメージされますが、白い色は平安時代には聖なるカラーでした。いくつもある色の中でも最高の色であり、お葬式においても最高の色となる白を身にまとい敬意を表していたのが、白色の喪服の時代です。白色が主流であった時代は長く、一転して白から黒色へ喪服が切り替わったのは明治時代とさほど遠い昔ではありません。

Page Top