前へ
次へ

恥じないための葬儀マナー

会葬マナーの1つには服装もあります。葬儀・告別式の基礎知識などは、恥ずかしくないように心掛けておきましょう。マナーとして、これはどうすべきかという戸惑いがあるかとも思います。例えば、訃報を聞いたものの、通夜や葬儀に参列出来ないケースでの葬儀マナーは、弔電を打つことから始めましょう。周りに参列する者がいるならば、名刺を渡し参列させるのがいいでしょう。中には香典を現金書留で送って事を済ませるケースもあるようですが、お悔やみ状を添えない不手際がないように気をつけましょう。訃報は突然です。会社から真っ直ぐ弔問に訪れるのは葬儀マナーに反するのではないのでしょうか。先に述べたように、訃報は予期できない問題です。通夜なら、平服でも問題ありませんが、葬儀が執り行われることは予想できるために、喪服を着用するのがマナーです。また、度々告別式に参列する機会は少ないはず、焼香のやり方を知っておきましょう。焼香の回数は宗教によって違いがありますし、キリスト教の葬儀マナーではそもそも焼香がありません。代わりに献花です。また、お悔やみの言葉にもマナーがあることを若い人はあまり知らないはずです。というのも、声のトーンも抑えぎみ、小さめの声で言葉を伝えるために、前の会葬者をマネるのが難しいかもしれません。死因、故人の年齢などによっては、悔やみの言葉は変換して伝えることも必要になります。根掘り葉掘り死因を尋ねることはせず、「この度はご愁傷様でございます」「心からお悔やみ申し上げます」などの言葉で伝えます。お悔やみの言葉だけでも、バリエーションがあります。いつ、どこで伝える言葉なのかを瞬時に判断しましょう。先に述べたように、受付では基本的なお悔やみの「この度はご愁傷様でございます」の後に、ご焼香させていただきますという言葉を添えるだけで好印象です。また、葬儀に参列できず後日、ご自宅を訪ねる場合には、お悔やみ状と同様、参列できなかったことを詫びる言葉を添えましょう。例えば、葬儀に伺えずに失礼をいたしましたという言葉、その上でお線香を上げさせていただきますと挨拶しましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren11set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top