前へ
次へ

昔とは変わってきている葬儀マナー

家族葬が増加をしているように、葬儀も時代によって変わってきています。同時に葬儀マナーにも変化が出てきています。必ずこうしなければいけない、ということがなくなりつつあります。もちろん、基本的なことは法律も関わってくることなので守らなければいけません。例えば、逝去をして24時間以内は火葬をすることができない、など守らなければいけないこともたくさんあります。しかし、参列に関する葬儀マナーは変化をしてきています。どういう関係の人まで参列をしなければいけないのか、なども変わってきています。家族葬の場合には親族が中心になって故人を見送るということになっていますが、親しい友人などは参列をすることができます。家族葬なのに親族でもない人が参列をする場合には、事前に遺族に確認をしておくべきです。いきなり足を運んでしまうと準備をするべきものが揃っていないと言う事態に陥ってしまうこともあり、遺族にも迷惑をかけることになってしまいます。

Page Top