前へ
次へ

香典は薄墨で表書きを書くのが葬儀マナー

香典袋の書き方も葬儀マナーとして知っておくと、いざという時に困りません。表袋の下の段に自分の名前を書いて、内袋にも名前を書きます。また内袋に関しては名前だけではなく、住所も一緒に書いておくのが香典袋を書く際の葬儀マナーです。宗教によっても香典袋の書き方には違いがありますが、包む金額も間柄により違いがあります。友人であったり遺族側であったり、仕事関連のお付き合いなど様々です。香典袋に名前など書く際の葬儀マナーとして気を付けたいのは、文字を書くときに使う文房具です。薄墨で書くようにしますが、毛筆はもちろんOKであり、もっと手軽な筆ペンを使っても構いません。なぜはっきりした黒ではなく、薄墨かには理由があって、故人への悲しみの表れでもあるためです。文房具店などを眺めてみると、薄墨の筆ペンは販売されていますし、サインペンなどもあります。お金を入れる封筒の中袋は、薄墨ではなく黒いペンで書いても構いません。

Page Top